尿酸値が高くなる原因には、このようなものがあります。 ・食生活 ・アルコール ・ストレス まず、何よりも食生活が尿酸値を上げてしまう原因になりやすいでしょう。 私たちが普段口にしている食品のほとんどに、プリン体というものが含まれています。 このプリン体を多く含んでいる食品をたくさん摂取してしまうと、尿酸値が高くなってしまうのです。 具体的には、レバーや一部の魚介類、干し椎茸などに、プリン体が多く含まれています。 続いて、アルコールですが、アルコールを日々多く摂取していると、尿酸値が高くなってしまうでしょう。 ビールのコマーシャルなどでも、「プリン体」という言葉をよく耳にしますよね? ビールにも、プリン体は含まれているんです。 しかも、ビールのプリン体は、特に吸収がいいので、気をつけなければいけません。 もちろん、ビール以外のお酒も同じです。 アルコールの摂取量は、できるだけ減らすようにしてください。 最後に、ストレスについてです。 ストレスは万病の元なんていいますが、ストレスが溜まると、尿酸の排出機能が低下してしまうため、尿酸値が高くなってしまうのです。 尿酸値を上げてしまわないためにも、ストレスを溜め込まないようにしましょう。